トイレのつまりの構造と症状

トイレのつまりの構造と症状 1日に何度も使用するトイレは、私たちの日常生活には欠かせない場所です。もしここが排水管 水漏れや故障などで使えなくなると本当に不便です。しかも便意というのは我慢できるものではありません。トイレのトラブルはいろいろと考えられますが、その中でも多いのがつまりの問題についてです。このような案件は修理業者にも数多くもたらされます。便器の構造から見たトイレ つまりの起こりやすい理由とどのような症状が考えられるかについて、以下でまとめました。自分で対処できるトラブルもありますが、無理に何でも独力で何とかするのではなく業者に相談したほうがいいです。

■せきの部分で起こりやすい

便器を表から見ると水の溜まっている部分が見えるはずです。この水たまりのところを封水といいます。この部分から奥の方はさすがに見えませんが、せきと呼ばれる箇所があります。この部分を通過すると排水路から排水管という感じで流れていきます。便器の断面図を見てもらえればわかりますが、このせきのところはカーブしています。形状的にどうしても異物や水に溶けにくいものはここでつまりやすいです。スマホなどの固い物を落としてしまう人も多いようですが、もしそのようなアクシデントが起きてしまったら、排水口のところに手を突っ込んでみましょう。せきのところまでは手が届くはずです。もしこの部分に落としたものの形跡が感じられないようであれば、自分で完全に取り出すのはさすがに難しいと考えるべきです。

■水が徐々に引いていく場合
トイレがつまっていると一言で言いますが、その具体的な症状はいろいろとあります。例えば、水洗したときに水位がぐっと上がるけれども時間を置くと徐々に水が引いていくのであれば、先ほど紹介したせきのところで詰まっている可能性は高いです。しかし完全にふさがっているわけではないので、まだまだ軽症といっていいでしょう。トイレットペーパーを大量にもしくは、水に溶けない紙類を流したことが原因の可能性があります。このような症状の場合、固形物が引っかかりの原因である可能性は低いと考えられますので、このケースですと自分で修理できる可能性もあります。

■音がする場合

水を流したときに逆流してくる、ゴボゴボという音がする場合、先ほどの症状よりは重症化しているかもしれません。ただし異音がしていれば、まだ完全にふさがったわけではなく、水の通り道が若干確保されていることがうかがえます。このような場合つまりを起こしているものは、トイレに流せる商品や猫砂などが考えられます。ペットを飼っている人は、猫砂をトイレに処分する人もいます。しかしこちらの砂は水分を吸収して膨張し、水の流れを食い止めてしまう恐れがあります。そのため、たとえ水に流せると記載があっても取扱いには注意しましょう。もし猫砂に心当たりのある人は、塩を流してみると症状が軽くなり、問題が解決しやすくなるかもしれません。塩は水分を減らす効果があるといわれているからです。

■まとめ
トイレでつまりを起こした場合、どうすればいいかパニックになってしまう人もいるでしょう。しかし構造上、このようなトラブルはどうしても起こりやすいものです。ですから落ち着いて症状を見直してみることです。上で紹介したように同じつまりでも細かく見れば、水の引き方などが若干異なります。特徴がわかれば、何が原因でこのような状況に陥っているか推測できます。しかし中には心当たりがないなど、原因が特定できないケースもあるでしょう。その場合には応急処置として止水栓を閉めることです。こうすれば水の流れが止まるので、これ以上水位が上がることもないです。そのうえで専門の業者を呼びましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース